電子タバコとは?~電子タバコの進化~

スポンサーリンク

電子タバコはとても進化して現在の物になっています。その進化の過程を紹介します。結果的には健康を考えた節煙や禁煙を目的とした物とビタミンCなどを摂る美容目的とした物に進化しています。これからはどういう進化をするのか気になります。

電子タバコの誕生

作ったのはアメリカのハーバート・Aギルバード

電子タバコは、1965年アメリカのハーバート・Aギルバードによって作られたとされています。彼の電子タバコの特徴は、煙を出さずに電気の熱を使って湿った蒸気を吸引するというもの。この電子タバコは実用化されませんでしたが電子タバコはこうして誕生しました。

ハーバート・Aギルバードの作った電子タバコの構造↓

実用化したのは中国のホン リク

1965年認識で誕生した電子タバコは38年後の2003年 中国の漢方医 ホン リク、によって実用化されました。ホン リクの電子タバコの特徴は、液体を電気の熱で蒸気化させ、その水蒸気を吸引するというもの。主に節煙や禁煙を目的として作られた電子タバコです。

 第一世代の電子タバコ

A:LEDカバー、B:バッテリー、C:アトマイザー、D:マウスピース

第一世代の電子タバコは、通常の煙草に似せた外観をしているのが特徴です。形状は葉巻型、パイプ型、紙巻煙草型など様々ですが、構造的には全てほぼ同じです。吸引すると先端の赤色LEDが発光し、本当に火をつけて吸っているように見せています。

第二世代の電子タバコ

バッテリーの容量が増え、アトマイザーと呼ばれる噴霧器に液体を補充することができるようになり、ランニングコストを減らすことが可能になりました。詰め替えの液体はニコチンの含有量によって数種類作られました。(ニコチンを含まないものもあります。)

スポンサーリンク

ニコチン以外にも、果物の香りといった煙草以外の香料を配合した液体を作っている製品もあります。

第三世代の電子タバコ

第三世代の電子タバコは2014年に大きく広まりました。液体の補充ができるアトマイザーと大容量になったリチウム電池のバッテリーを使用し、電圧や電力を変更できるMods*と呼ばれる本体で構成されています。これで電圧を変えることによって水蒸気の量が調節できるように進化しています。(*modifications:変更・改良といった意味)

電子タバコとは?~電子タバコの種類~

2017.10.06

現在の電子タバコ

電子タバコの進化は早いです。元々は煙を出さずにニコチンを吸引できるという発想から始まり、健康志向な節煙・禁煙を目的とした物へと進化しました。そして使い勝手がいいように、液体を補充するアトマイザーが大容量になり、バッテリーの性能は高出力な性能に上がり煙の量を調節できるようにまでなりました。

現在ではビタミンCが摂れる美容アイテムとして売り出されている電子タバコもあります。そんな電子タバコ市場は欧米を中心に急成長し、2014年には466のブランドが存在するようにまでなりました。2047年までに煙草市場を上回ると予測されていて、有名な煙草メーカーが電子タバコ市場に参入したのも事実です。

電子タバコの使用目的は様々なので進化する方向もいくつかあるようです。そうやってあらゆる方向に進化した電子タバコは多方面で使用されるようになります。そうなると益々、電子タバコの市場は拡大していきます。こういった予測は煙草メーカーも電子タバコメーカーも共通の認識で、これからどんな進化を遂げるのか楽しみです。

今流行りの電子タバコはこんな感じに進化しています。

スポンサーリンク