電子タバコとは?~電子タバコの種類~

煙草の値段が上がって煙草を辞める人は増えました。そして多くのエリアで分煙が進められ喫煙者はどんどん肩身の狭い思いをしています。そこでおすすめなのが電子タバコです。最近では健康志向な人が増えて煙草より害の少ない電子タバコを使用している人をよく見かけます。

そんな人気の電子タバコにも種類があり煙草の葉を蒸してニコチンを吸引する物、香りや風味付けされた液体を蒸気にして吸引する物など様々です。電子タバコを買う前に、どんな電子タバコがあるのか知っておくと、自分に合った物を見つけやすいので参考までに読んで下さい。

ぜひ自分に合った電子タバコを探してみてください!

電子タバコの種類

電子タバコは大きく分けて2種類あります。この2種類は、煙草の葉を加熱するもの・液体を加熱するものに分けられます。前者は “加熱式煙草” と呼ばれ、後者は “Vaporizer(Vapeベイプ)”と呼ばれることが多いです。それぞれの特徴を説明します。ちなみに有名なアイコスは製造元のフィリップモリスが【Heated Tobacco】という名称を多用しているので加熱式煙草になります。

煙草の葉を加熱する電子タバコ(加熱式煙草)

このタイプの電子タバコは煙草の葉を加熱し、その葉から出る蒸気を吸うのでニコチンが含まれているのが特徴です。一般的な煙草と比べても、火を使わないので副流煙が少なくタールが無いのでヤニが発生しないのも特徴です。煙草の葉を使用するので一般的な煙草に近い存在です。

液体を加熱する電子タバコ(Vapeベイプ)

このタイプの電子タバコは香りや風味付けされた、リキッドと呼ばれる液体を加熱して、その水蒸気を吸うので色んな香り・風味を楽しめるのが特徴です。現在の日本で一般的に電子タバコと呼ばれているのはこのタイプになるでしょう。

日本では薬事法により、ニコチンを含む電子タバコ・リキッドの製造や販売は禁止されているので、国内で販売されているリキッドにはニコチンが含まれていません。ニコチン入りのリキッドを海外から個人輸入することはできますが、品質の安全は保障されていませんので、むやみに手を出すのは控えた方がいいでしょう。

煙草の葉を加熱する電子タバコ(加熱式煙草)の種類

このタイプの電子タバコは煙草の葉を使いニコチンを取り扱う事になるので、日本で新しい企業が製造・販売に新規参入するのには障害が多く、現実的には難しいです。その為、製造・販売している会社は少ないです。現在このタイプの電子タバコを製造・販売しているのはJTとフィリップモリスだけです。それ以外の加熱式煙草があったとしても安全性の確認は取れていないので避けて下さい。

煙草の葉を加熱する電子タバコ(加熱式煙草)の構造

まずは構造から。何をどうしてどのように蒸気を発生させているのかです。仕組みはほとんど同じなのですが、それぞれ微妙に違うので説明します。

1つ目は、煙草の葉を詰めたカプセルをカートリッジに差し込み、そのカートリッジをバッテリーに繋ぎ加熱するというものです。このカプセルとカートリッジは使い捨てになります。

2つ目は、煙草の葉を詰めたスティックを本体に差し込み加熱するというものです。この煙草の葉を詰めたスティックは使い捨てです。

煙草の葉を電気で加熱して蒸気を出しているのは2つとも同じです。その煙草の葉の充填の仕方が微妙に違うだけです。リキッドを加熱する電子タバコの構造がと比べると、とてもシンプルで簡単なのが加熱式煙草の特徴とも言えます。

リキッドを加熱する電子タバコ(Vapeベイプ)の種類

日本で一般的に〝電子タバコ〟と呼ばれているタイプです。日本で電子タバコは禁煙アイテムというイメージが強くあるようで、このタイプの電子タバコを禁煙目的で使用している人は多いです。

リキッドを加熱する電子タバコ(Vapeベイプ)の構造

ざっくり分けると、【バッテリーと本体】+【アトマイザー】こんな構造です。

そしてアトマイザー部分が種類によって違い、使い捨てタイプ、カートリッジ交換タイプ、リキッド補充タイプに分かれます。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプは、購入して箱から出したらすぐ使えます。維持費やランニングコストはかかりません。スティックタイプの物が多く、使い方は吸うだけと簡単です。大体500回くらいの吸引ができて相場は最新の物でも、1本1,500円~2,000円程度なので初心者やお試しにも向いています。

電子タバコを初めて使う人がお試しで使ってみたり、充電やリキッドの補充などをやりたくない人に向いているタイプです。衛生的な面でいえば1番魅力的かもしれません。ただ、香り風味の種類や本体のデザインが少ないのが難点です。

カートリッジ交換タイプ

使い捨てタイプの次に扱いが楽で、カートリッジを交換して使用するだけなので手軽さが魅力です。仕組みは、一般的な電子タバコのアトマイザーごと交換する感じです。本体はUSBケーブルで充電して繰り返し使えるので使い捨てタイプよりコスパは良いです。カートリッジ自体が使い捨てのため、リキッドの補充は必要なくランニングコストはリキッド補充タイプより高めです。

リキッドを補充するタイプの電子タバコは香りの違うリキッドに変える場合、アトマイザーに残った微量のリキッドが新しく補充するリキッドと混ざってしまいますが、このカートリッジ交換タイプの電子タバコは、カートリッジをまるごと交換するのでリキッドが混ざる事がありません。さらに、空焚きの心配もありません。

スターターセットの相場は、最新の物でもリキッド補充タイプと同じくらいの値段で、カートリッジの相場は5個入りで2000円程度です。ただし、カートリッジ交換タイプも香り風味の種類やデザインが少ないのが難点です。

リキッド補充タイプ

電子タバコの中で1番多いのがこのタイプです。使っている人が最も多く、デザインもリキッドの種類も豊富なのが魅力です。自分の目的に合って使い勝手も良いお気に入りの電子タバコが必ずあると思います。

デザインは縦長のペン型と四角いボックス型の2つに分かれます。この2つにはデザイン以上の大きな違いは無く、ボックス型の方がバッテリーの容量が少し大きいくらいです。どちらを選んでいいか迷うようなら、気に入ったデザインの電子タバコを選んで問題ありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です