今からしておきたい髪の毛の紫外線対策!紫外線の影響ってどんなの?

 

髪のダメージはみんなの敵!!っていうことでこれからの時期に必須アイテム!髪の日焼け止め!紫外線による髪への悪影響について解説します。

最近、じわじわと浸透し始めた髪の毛の日焼け止め。まだまだ馴染みでない方も多いと思いますが、かなり大事です!

そもそも紫外線とは何か?

太陽から放たれる太陽光線のひとつです。この紫外線は3つに分類され、それぞれ人体に悪影響を及ぼします。

UVA 3つの内一番害は少ない。それでも皮膚の真皮まで到達しコラーゲンを破壊する。そのためシワ、シミ、たるみの原因になる。そしてメラニンを作るので紫外線から皮膚を守ることにもなるが、色素沈着の元にもなる。

UVB 人体への影響は非常に大きい。肌の表面に悪影響を与える。日焼けによる炎症、シワ、シミ、そばかす、乾燥肌、老化、皮膚ガンなどなど悪影響大

・UVC 地上には届かない紫外線。が、オゾン層の破壊により地上に到達する日がくるかもしれない。こういった影響が髪の毛と頭皮にダメージを与えます。

image

 

・髪の毛は メラニンを分解され赤茶色になってくる。タンパク質を分解され切れ毛になる。

・頭皮には そもそも紫外線による影響に気づきづらいのが頭皮です。髪の毛を作る毛母細胞や色付けをするメラノサイトの細胞が壊されて薄毛や白髪の原因になると言われています。 紫外線…怖すぎます。

そこで、こういった紫外線の悪影響から人体を守ってくれるものが日焼け止め。心強い味方です。

 

image

日焼け止めの効果は、SPF50 PA++++など肌用のものと変わりはありません。今では髪の毛のトリートメント効果も十分な商品が出ています。潤いを与えたり静電気を防いでくれたりステキな香りがしたり。なんなら肌にも優しく使える物も。そして…良い香りで異性もゲット!!てなこともね♪

これで怖い紫外線から頭皮と髪の毛を守ることができます!

・SPF 日焼けによるシミ、そばかすの原因となり、肌表面に作用するUVBを防止する効果を表す表示。 ちなみに数値の見方はSPF50 50×20分=1000分 16時間40分の持続効果があります。

・PA しわ、たるみの原因となるUVAを防止する効果を表す表示 +の数が多いほど効果は大きいです。

2つとも数値が大きい方が効果は高いのですが肌や頭皮への負担も大きいので一概に数値の大きいのを選べば良いというものではないですね!

 

まとめ


 

紫外線は髪の毛の色を退色させたりパサつかせたりなどの影響の他にも健康な髪を生やす為の頭皮にまで影響があります。ヘアカラーやパーマなどオシャレをするには健康な髪の毛が必要です。特に男性は薄毛で悩む方が大変多いです。そういった悩みの原因の一つにもなりますのでしっかりと紫外線対策をすることをおススメします! 日焼け止めを選ぶときには肌への負担も考えて選ぶようにしましょう☆

おすすめはこれですね!値段も安いし手を汚さずに使える手軽さも魅力です。無香料もあるので全身に使えます!

 

by カエレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です