安全で安いウェットフード&ドライフードのキャットフードおすすめは?口コミや市販品はどうなのか?

スポンサーリンク

キャットフードでおすすめの安心安全で安いキャットフードの選び方は?

 選び方のポイント

  • 原材料に何をどの程度使用しているのか
  • 肉がメインになっている商品が良い
  • 子猫や高齢のシニア猫には柔らかくて小粒な食べやすいもの
  • 食べ盛りな猫や成猫には満足感のあるもの 

キャットフードの選び方としては原材料に何をどの程度使用しているのか、が重要です。

そして、猫は肉食動物なので肉がメインになっている商品が良い、ということになります。

それを前提に、

  • グレインフリー
  • 無添加
  • オーガニック
  • 毛玉ケア

などを条件にして、

  • 子猫
  • 成猫
  • 老猫

といった、猫の状況に合わせてキャットフードを選ぶということになります。

去勢後・避妊後といった猫の状況にもよりますが、子猫や高齢のシニア猫には柔らかくて小粒な食べやすいキャットフード。食べ盛りな猫や成猫には満足感のあるキャットフードを選ぶというのも猫にとっては有り難いでしょう。

ホームセンターなどで市販されているメーカーの安いキャットフードの原材料は何か?

ポイント

  • 原材料の記載は、多く含まれている原料から順に書かれている

市販されているキャットフードの原材料を見てみましょう。原材料の記載は、多く含まれている原料から順に書かれています

見てみると【穀物】と書かれていると思います。これは大豆やトウモロコシのことになります。コストカットが伺えますね。

肉メインだとコストが高いので穀物メインにすればコストが抑えられます。猫は肉食動物です。穀物を消化するような身体の造りにはなっていません。

むしろ苦手です。そのため穀物は必要ないでしょう。

市販のキャットフードのランキングを見かけますが(サイトや2chでよく見ますね)おそらく価格によるところや内容成分では似たり寄ったりだと思います。

よく聞く大手メーカーから選んだり、あまりにも低価格な物を選ばなければ、何も問題ありません。が、安いものはすべて穀物メインのキャットフードです。

大事な事は、最初に肉と記載のある、肉がメインのキャットフードを選ぶ!ということになります。

ハッキリ言って、安く売られている市販のキャットフードのほとんどが穀物メインになっている物です。

そのおかげで安くキャットフードが手に入っています。が、オススメはできません。

穀物メインのキャットフードが猫に与える影響

尿路結石や腎臓に負担をかけるという意見も聞きますし、まず第一に太ります。

運動量の多い猫ならまだしも、家では寝ている時間が長いですからね。しっかり遊んであげているのならいいですが…

それでもカロリーオーバーになりやすいです。肥満注意。

成猫、高齢な老猫になってからダイエットをしなくてはならなくなったりしたら、病気のリスクは上がりますし病院に通ったりすることが増えたら、なんとも可哀想です。

栄養管理はしてあげましょう。

子猫も成猫も老猫も猫は肉食動物

ポイント

  • 猫は肉食動物
  • メインとなる原材料は肉がいい

なんども言いますが猫は肉食動物です。動物性のタンパク質が必要です。価格は高めにはなりますが、メインとなる原材料が肉のキャットフードを選ぶようにしましょう。

さらには野菜、果物が入っていて栄養バランスのとれたキャットフードが理想的です。

獣医もオススメしているグレインフリーやオーガニックといった無添加な物がおすすめです。

国産と外国産のキャットフード 選び方は?

ポイント

  • 飼い主の事を考えて作っている商品
  • 猫の為の事を考えて作っている商品

国産キャットフードは穀物メインの物が多く圧倒的に価格が安いです。飽きさせない工夫として味の種類が豊富なのも特徴です。

全ての商品ではありませんが(ほとんどですけど)、飼い主の事を考えて商品を作っていると言っていいと思います。

外国産キャットフードは肉、魚メインで栄養価が高く、国産と比べ価格も高いです。

理由は、猫好みの素材による味付け、必要な栄養バランスや健康面、そこに重点を置き猫の為の事を考えて商品を作っているから、と言えます。

キャットフードの種類は?

ウェットフード(缶詰、パウチなど)とドライフード(通称:カリカリ)の使い分けはなに?

 ポイント

ウェットフードとドライフードのメリットと猫の好みに合わせる

ここでも猫が本来食べていた物を考えると、肉食動物なので生肉という事になります。なので水分を含んだウェットタイプの方が合っているでしょう。

缶詰やパウチなどです。また、水分を摂る量が少ないために、猫は腎臓や泌尿器系の病気にかかりやすいとも一部では言われています。

さらに、ウェットタイプはカリカリと比べると、グラム単位のカロリーが少ないのでダイエットを考えているならウェットタイプの方がいいです。

猫の満腹度と満足度が上がります。ストレスが軽減され運動量も増えれば、なおさら嬉しいですね。

と、ここまでウェットよりな説明になりましたが、カリカリの良いところは何と言っても安いです。

猫は器用にも食事して満足したら、その余りを取っておいて、また後で食べるなどの食べ分けができます。

1日出かけてしまい、決まった時間に食事を与えられない時などに、まとめて与えておくことも出来ます。あまり良くはないですが…