ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

よくシャンプーを選ぶときや善し悪しの判断で「ノンシリコン」ってワードを耳にしますよらね?それって何?仕事の時もよく聞くし今使っているって方がかなり増えたと思います。今更ですが、そこのところについて書きます。

そもそもシリコンて何って話ですよね。

ここではヘアケアや化粧品に添加される場合の話です。 シリコンはヘアケアや化粧品に配合されるときはシリコンオイルといいます。

シリコンオイルを塗ると皮膜をつくって表面をコーティングします。つまり髪の表面に膜を作ってきしみをとってサラサラさせます。なんか良い感じですよね? なんなら傷んだ髪の表面をコーティングしてキューティクルの剥がれと切れ毛を防いでくれます。かなりステキですよね。

そうです!シリコンはヘアケアに関してはとても優れている成分です。 それではなぜノンシリコンシャンプーがこんなにも人気が出たのでしょうか?

image

結論からいうと ヘアケアをする人が増えた 肌に優しい 環境に優しいから だと思います。

ヘアケアする人が増えたっていうのは

ヘアケアにマメな方、アウトバストリートメント(洗い流さないタイプの主にドライ前につけるトリートメント)を使う人が増えたということです。 基本的にサロンなどで扱うトリートメントは内部修復です。シリコンで髪の表面に皮膜を張ってしまうと髪の内部に修復成分が入りづらくなり、せっかくのトリートメントの効果が十分に発揮されなくなってしまいます。そんなの勿体ないです!!

肌に優しいというのは

シリコンが肌に付くと肌に皮膜を張り毛穴を塞ぎ、吹き出物など肌荒れの原因になるということです。実際におでこ付近のニキビが気になるお客様が病院に行きシャンプーの切り替えを勧められたそうです。 するとおでこのニキビは消え、シャンプーを以前の物に戻すとニキビ復活!!となったそうです。ロングヘアの方だと髪の毛から背中に付き背中にニキビっていう流れ。 サロンのシャンプー台ではない限り完全に髪だけにシリコンを付けるっていうのは難しいです。本当に毛穴を塞いでいるのかどうかはわかりませんが肌荒れの原因になっていたようですね。

環境に優しいというのは

流したシャンプーのシリコンは自然界では分解されないとのこと。 こういった理由でノンシリコンシャンプーに人気が集まったのでしょう。もちろんメディアの広告や宣伝によるものが大きいとおもいますが。

 

美容院などで販売されているサロン専売品のシャンプーにもシリコンが入っているものがあります。比較的簡単に落ちるシリコンもあるのでそういったシリコンがはいっているのでしょうね。 あまりヘアケアに興味が無い方にとってはシリコンが入っているほうが都合がいいと思います。

何もヘアケアしないでノンシリコンシャンプーを使うと 「家のシャンプーをノンシリコンシャンプーにしたらキシキシになったんだぁ~」ってことになるからです。 とにもかくにもいつも通っている美容室で担当の方にシャンプー剤を選んでもらえば間違いないです。

image

いまではムースタイプの炭酸シャンプーやクリームタイプのシャンプーも発売されています。 オススメは炭酸シャンプーです!

物にもよりますが炭酸シャンプーはカラーやパーマなどサロンでの施術後に残る残留アルカリを分解してくれたり、毛穴の汚れやベタつきをキレイに除去してくれます。 根元からボリュームを出しふんわりとした素髪になれますよー!これは3日に1度くらいでいいので今使っているシャンプー剤の邪魔しませんしね♪ 1度使ってみてはいかがでしょうか!?

おススメ商品はこれ
普段のシャンプーでは落ちにくい過酸化脂質、カラーなどの施術による残留アルカリなどを炭酸泡がキレイに洗い流してくれます。頭皮ケアと保湿もしてくれるアイテム

効果・効能が認められた有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが入っているので頭皮の気になるフケ、かゆみ、臭いを防ぎ清潔にしてくれます。ふんわりとボリュームも出ます!3日に1度、使ってますがほんとにサッパリします!!かなりおススメです!

by カエレバ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です