人工知能AIによって奪われる仕事と職業

新聞の記事にあった人工知能AI。本当にすごいですね。前から耳にはしていましたがますます耳が離せない。そして怖いニュースも。私たちの職業は大丈夫なのかな。技術職だから大丈夫だと思いますけど。

今だとペッパー、Siri、Googlenowなど少しずつ自分たちの生活に存在感がでてきて馴染み始めました。とても便利だし。

今では学生アルバイトの代わりにペッパーを使っている会社もあってこれから順次増やしていくとのこと。うーん、すごい話です。

でも待てよ。そしたら学生のアルバイト先が減る。そしてアルバイト難民が…。ってことになりますね。

雇う側は先行投資すればすぐに元が取れる。人件費ってとんでもなく大きいですからAIの需要は増えそうですよね。でもその分、人間の仕事が奪われて無くなることに。

仕事してお金稼ぎたいけど仕事が無いのではどうしようも無いですね。とんでもない世の中になってきたもんだ。

では、どんな職業がこの先無くなってくるか。やっぱり事務などのコンピューターを使う仕事や飲食店のウェイターといった単純作業を繰り返すものが無くなる可能性が高いです。スタイリスト業は大丈夫そうですね。

逆にクリエイティブな仕事やリーダーシップを必要とする職、起業家といった仕事は無くならなそうです。そりゃそうですね。一部ホッとしました。

基本的に機械は過去のデータを元に仕事をするので新しい事を興すとか0から始めることはできないようです。

これからの時代は頭使わないとダメだと言われたことはたくさんあります。私たちのような技術職は残り続けられそうですが生き残れるかは今後の考え方次第なんですかね。

いつかターミネーターみたいな世界がやってくるのもあるかもしれないです…おそろしすぎます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です