もはや美容機器。今どきのドライヤー達の最新事情。おすすめと口コミからの選び方

近年ドライヤーに求めるものが、ただ乾かすものから美容機器としての役割を求めるようになりつつあります。

熱による髪のダメージをケアする物、人体に悪影響の無い物など。

ドライヤーの選び方は沢山あります。自分が重要視しているのは何かを考えてアイテムを選ぶ事が重要です。簡単に性能や役割、機能をまとめてみたので参考にしていただけたら幸いです。

ドライヤーが髪のダメージの原因?

髪のダメージの原因は様々です。髪の毛を無理に梳かしたり引っ張ったりするような雑な扱いによる物理的ダメージ

ドライヤーの乾燥による静電気や熱のダメージ。サロンで施術するカラーやパーマなどの薬液によるダメージ

プールの塩素によるダメージ。太陽の紫外線

などなどたくさんありますが、代表的なものはこれらになります。こういった髪のダメージになる原因を、少しでも無くしていくことが大事になるわけですね。

そこで簡単なものがドライヤーというわけです。

乾かすだけ?美容機器として?ドライヤーの選び方

毎日の生活の中でダメージを防げるものはいくつかありますが、簡単なのは雑な扱いとドライヤーによる乾燥と熱のによるダメージです。

人それぞれ悩みは違うのでドライヤーに求めるものは変わってきます。

  • 美容効果のあるもの。
  • 乾燥による静電気を防げるもの。
  • 風量の大きい物。
  • 熱のダメージが無い物。
  • 電磁波による人体へ悪影響のない物。
  • 頭皮をケアするもの。

様々な悩みを解決できるようにドライヤーにはたくさん種類があります。

人にもよりますが、ドライヤーは毎日使うものなので髪や頭皮に日々のダメージが蓄積されていきます。

ドライヤーからのダメージが無くなれば髪の毛や頭皮の負担は確実に軽くなります。

風量が少なく、なかなか乾かなくてストレスが溜まったりするのも頭皮と髪の毛への悪影響に繋がりますね。

ドライヤーを変えるだけで特に意識することなく毎日のダメージとストレスを無くせます

image

ドライヤーの種類

主にドライヤー市場を分けると

【遠赤セラミックタイプ】

フィルター装着のドライヤー。フィルターにより効果は変わりますが様々な機能、効果を発揮することができるドライヤーです。これからどんどん増えてくるジャンルです。

 

【マイナスイオンタイプ】

ご存知の方も多いマイナスイオンドライヤーです。マイナスイオンドライヤーは空気中の水分を髪に吸着しやすいイオンに変えて、髪に付着させながら乾かすドライヤー。

要は水分補給しながら乾かすということになるので乾きにくいです。なので乾かす為にマイナスイオンドライヤーは高温になりがち。

ですがマイナスイオン効果で使用後はパサつかず、まとまりやすく静電気も起きません。髪の水分をキープしながら乾かすというプロの仕事をしてくれます。

 

【大風量タイプ】

誰もがビジネスホテルなどでイライラした経験があると思います。風量の弱いドライヤー。なかなか乾かないと腕も疲れてストレス溜まります。

単純に大風量なドライヤーの方が乾くのは早いです。ですが音も大きくなりがちなので、購入前に一度確認してみるといいでしょう。

大風量のドライヤーを使用すると、普通のドライヤーがショボく感じるほどクセになります。

 

【低温タイプ】

一般的なドライヤーの吹き出し口の温度は120℃です。髪の毛の主成分はタンパク質の為、タンパク変成を起こし硬くなり、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

低温ドライヤーは70℃前後の為、熱によるダメージを限界まで無くせます。

髪の毛のモデル達が使っているのもこちらのタイプのドライヤーです。そういった理由もあり、髪の毛に特にこだわりのある女性に人気があります。

初めて使うとぬるく感じ、なかなか乾かないと思うと思いますが、ちゃんとした利用をすれば問題なく乾きます。

 

【電磁波カットタイプ】

発がんリスクを上げたり、血液をドロドロにすると言われている電磁波を約10分の1へと、できるだけ少なく抑えているドライヤー。

ドライヤーから出る電磁波程度なら人体に問題無いとされてはいますが、家電の中でドライヤーは電磁波放出トップクラス。

極力、身体に悪影響が無い方がいいのは当たり前です。電磁波に敏感な方や健康志向な人に向いているドライヤーです。

 

【頭皮ケアタイプ】

頭皮をケア、マッサージしながら髪を乾かすことができるタイプのドライヤーです。抜け毛や薄毛が気になる人は、スカルプドライヤーを使ってみてください。

頭皮ケアから元気な髪に繋がります。髪の増量を手助けしてくれるかもしれません。

この中から自分に合った製品を探すといいでしょう。

 

美容機器としてもおすすめなドライヤーの選び方

【遠赤セラミックタイプ】

リュミエリーナ    ヘアビューザー

魔法のドライヤーとして有名です。髪の美容のプロである美容師達が認めたアイテム。本来、髪が持っている潜在能力を引き出し、髪質を美しくします。

特徴

1. 髪のダメージからあなたを解き放つ
2. 使うほどに髪が潤う
3. 髪質を美しくつくり変える。
4. 肌質を美しくリフトアップも実現!

このヘアビューザーの最大の特徴は「バイオプログラミング TM」と呼ばれる技術です。

このバイオプログラミング技術をドライヤーへ搭載させることで、細胞を活性化させる風へと進化させることができます。それによって、髪と肌に潤いを補充してくれる全く新しい効果を得られるようになりました。

髪のケアをしつつ、ついでに顔のむくみをとったり全身を引き締めたいって方にオススメです。

リュミエリーナ ヘアビューザー

追記

新しい最新ドライヤーがでています!今でも人気のヘアビューザーから最新版が出ました。

価格は¥38,000と高額になりますので、実力はどうなのか気になるところ!

どんなドライヤーなのか気になる方はこちらから。

【シリーズ最新・最強モデル】レプロナイザー 3D Plus

 

【マイナスイオンタイプ】

ソリス    マイナスイオンドライヤー

ソリスのドライヤーは風量も魅力の一つですが、さらに従来のソリスドライヤーから、30%の軽量化をして、その軽さ520gとなりました。軽くて使いやすいので女性の支持率は圧倒的で、家庭用のソリスドライヤーとしては、1番人気となっています。

イオン発生器内臓(マイナスイオンを一般商品の30~50倍である1200万~2000万個発生)

なのでパサつきにくく、しっかりと潤いを残してくれます。潤いを残し、さっと乾かしたい方にオススメです。

【大風量タイプ】

コイズミ    モンスターダブルファンドライヤー

2つのファンによるパワフルな風がなんといっても特徴。2.0m³/分の大風量。

髪の乾燥に約20分かかっていた人がダブルファンドライヤーを使えば約12分になるというスピードドライで約8分の時間短縮ができます。従来製品約20分 、MONSTER約12分 、約8分の時短 になります。

髪をいたわりながらすばやく乾燥。マイナスイオン機能搭載。 ダブルファン搭載。独自の構造で強い風をスムーズに届けしっかりドライできるので髪を乾かす時間にストレスを感じている方にオススメです。

【低温タイプ】

ヒートケア60低温ドライヤーLowTemperature Dryer

元々ヘアモデル用に作られたドライヤーを一般向けに改良したものです。通常のドライヤーは高熱で髪がヤケドしていましたが、この低温トリートメントドライヤーなら優しい温度でスピード乾燥ができます。

使用者の満足度を99%も獲得しているので女性はもちろん男性の頭皮ヤケド対策にもオススメです。とにかく髪のダメージを無くしたいという方にオススメです。

低温トリートメントドライヤー

【低電磁波タイプ】

Ban-Yu    遠赤外線低電磁波セラミックドライヤー

電磁波を出来る限りカットしたドライヤー。

特徴
作動時に発生する電磁波が非常に少ない。発熱体にニクロム線ではなく、特殊セラミックを使用することにより、発生電磁波をWHO提唱の4ミリガウス以下に抑えることに成功。頭に6.6cmまで近付けても安心です。

放射率98%の遠赤外線で心地よい温かさを感じながらも、高温の熱風によるダメージを減らすことができます。遠赤外線の効果により髪の内側から乾かすことで、表面が過剰に乾くことを防ぎ、しなやかな手触りになります。

低電磁波であり身体への悪影響が少なく、遠赤外線とマイナスイオンの相乗効果により、髪本来のツヤと滑らかな手触りになります。髪だけでなく頭皮にも優しいです。

特に電磁波などの人体への影響を考える方、子供などの環境を考える方にオススメです。

【頭皮ケアタイプ】

ヤーマン    スカルプドライヤー

スカルプドライヤーには、ドライモード、温感スカルプモード、冷感スカルプモードといった三つの機能があります。

特徴は「温感スカルプモード」と「冷感スカルプモード」の2つで温感スカルプモードは、42度の温風と振動でマッサージする機能で、遠赤外線の効果で髪を優しく乾かしてくれます。

しかも、遠赤外線は、頭皮の奥まで届いて血行を促進してくれる効果が期待でき薄毛に悩んでいる人や、育毛に力を入れている人にはとても嬉しい特徴です。

冷感スカルプモードは、育毛剤やトニックなどと併用すると高い効果を発揮してくれます。育毛剤を塗った後に「冷感スカルプモード」でマッサージするだけで、育毛剤の浸透率が40%上がります。育毛剤を使っている人は要チェックなドライヤーです。

抜け毛が気になる人はスカルプドライヤーを試してみるといいでしょう。後々の髪の悩みが軽減できるかもしれません。そんな方におすすめ。

ヤーマン【スカルプドライヤー】

ドライヤーの選び方のまとめ

価格は選択基準の大きな一つではありますが、省エネの製品によっては案外すぐに元が取れる場合もあります。

ある程度の製品でしたら耐久性もかなり上がっているので何年も使用できます。自分の求める製品が少し割高であったとしても損することはなく、自分に合った製品なので買ってよかったと満足できると思います。

ドライヤーの選択基準を考えて、自分に最も必要なドライヤーを使用して下さい。ヘアケアのストレスが少しでも無くなれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です