購入前に知っておきたい『電子タバコ』とは?流行りの電子タバコのおすすめは?

スポンサーリンク

電子タバコを使ってみようかな…でも電子タバコをどうやって選んだらいいか分からない。どれがいいか知りたい!

電子タバコは使ってみたいけどよくわからないっていう人は多いです。初めてだと分からなくて当たり前です!でも電子タバコについて何も知らないで購入すると後悔しやすいです。そこで、この記事では電子タバコについて知っておくべき知識を徹底的にまとめてみました!

電子タバコについて「知っているよ」「とりあえず一番良いのはどれなの?」という方は↓の記事をどうぞ。

電子タバコとは?メリットデメリットは?

電子タバコは、煙草の葉や液体を電熱線の発熱で霧状にし(その装置をヴェポライザーと呼ぶ)、吸引する道具です。そして、電子タバコによる吸入をVAPE(ベイプ)と呼んでいます。

ニコチンを含んでいると法的に規制の対象となり、ニコチンを含んでいないと規制の対象外になります。

電子タバコの仕組みと構造

電子タバコの仕組みを簡単に説明すると吸い口から順に、

  • ドリップチップ(吸い口)
  • アトマイザー(リキッドの容器)
  • バッテリー(電源)

と、主に3つのパーツに分かれています。アトマイザー内にて電熱でリキッドを霧状に変え、吸い口となるドリップチップから吸引する仕組みです。

煙草から電子タバコへ切り替えるメリット

電子タバコのメリット

  • 健康面
  • 副流煙やタール汚れ
  • 火の扱い
  • 経済面

 

電子タバコに切り替えるメリットはたくさんあります。多くの人は禁煙のツールとして使う事が多いと思いますが、煙草と比較すると嫌な臭い・ニコチン・タール(ヤニ)が無いので健康面でのメリットがあります。

煙ではなく水蒸気なので副流煙の心配がありません。タール(ヤニ)も無い為、室内のベタベタや口臭、歯の色素沈着、といった問題も解決できます。当然、火を使用しないので火事の危険性もありません。

費用の面では、維持費(主に充電の電気代)やランニングコスト(主にリキッド代)が安いので煙草よりもコスパが良く、費用節約の効果もあります。最新の電子タバコは種類が豊富で小型の物もあるので持ち運びがしやすく、デザイン性のあるお洒落でかっこいい・かわいい商品がたくさん発売されています。

海外製、日本製によって値段は変わりますが、比較的、安価で購入できるメリットもあります。電子タバコは臭いも臭くないし(無臭orむしろ良い匂い)サイズが小さい物もあるのでファッションアイテムとして持ち歩きする事も可能です。

電子タバコを利用するデメリット

電子タバコのデメリット

  • 4000程度の初期費用が必要
  • メンテナンスが必要
  • 購入先が限られる
  • 電気代などのランニングコストがかる

電子タバコのデメリットは、一般的な煙草の値段は500円程度ですが、電子タバコのスターターセットは安くて2000円〜3000円、高い物だと10000円を超える物もあります。煙草から電子タバコに切り替える時の初期費用が少し高くつくデメリットがあります。

電子タバコは充電タイプだと充電が必要だったり、リキッドを補充する必要があったり、消耗品のコイルを交換する必要があったりと、煙草には無い作業が必要です。こういったメンテナンスがあるのも電子タバコの特徴になります。こういった作業が苦手な人にはメンテナンス不要の使い捨てタイプもあります。

電子タバコに必要なリキッドは、煙草のようにそこら中で売っていません。主に通販などで購入しておく必要があり、このリキッドにかかる費用がランニングコストになります。電子タバコに必要なランニングコストは、充電にかかる電気代とリキッド代くらいです。

電子タバコの知識

電子タバコは液体を補充するものと、たばこの葉を補充するものに分かれます。液体にニコチンを加える事はできますが日本では薬事法によりニコチン入りの液体を販売する事はできません。そこで、煙草の葉の成分を摂取するプルーム・iQOS(アイコス)といった商品が売られています。

日本ではニコチン入りの液体の販売を禁止する規制があるんです!なので日本で売られている電子タバコのリキッドはニコチン無しの物になります。日本で売られている液体を使った電子タバコはニコチン入りではないので禁煙アイテムになります。

しかし、プルームやiQOS(アイコス)といった商品は僅かながらニコチンが含有され(アイコスにはタールも)ているので禁煙アイテムにはなりません。ただ、禁煙の第一歩として利用するのであれば、とても利用価値のある禁煙アイテムです。

テレビ番組のiQOS(アイコス)芸人でとてつもない人気がでましたね!手に入りづらくなったのには驚きました!Amazonと楽天で在庫があれば買えるようです。

電子タバコが与える体への害・影響

電子タバコを使うにあたって、とても気になる部分です。一般的な煙草と電子タバコを比べてみます。

たばこで有害とされるのは

  • ニコチン
  • タール(ヤニ)
  • 一酸化炭素

です。まずニコチンですが発ガン性は無く直接有害な訳ではありません。ニコチンにある依存性が危険なのです。日本で売られている電子タバコのリキッドにはニコチンは含まれていないのでニコチンに関していえば電子タバコの方が安全です。

煙草で最も問題とされるのはタール(ヤニ)です。タールに含まれる成分には発ガン物質となるたくさんの有害物質が含まれているので、煙草の喫煙が発がんリスクを高めてしまいます。電子タバコにはタールが含まれていないのでタールに関しても電子タバコの方が安全です。

一酸化炭素は酸欠や動脈硬化といった症状を起こすと言われています。電子タバコは一酸化炭素も発生しないので電子タバコの方が安全です。他には、煙草を吸うと体内のビタミンCが失われシミやくすみの原因になるということも。電子タバコには逆にビタミンを摂取しようという美容に特化した製品も販売されています。

インナー美容できる吸う美容液 “+Beautyプラスビューティー” の購入レビュー 人気の秘密を口コミ

2017.06.21

こういった製品も登場し、電子タバコの有害性は煙草と比べると限りなくゼロに近いと言えます。ですが、電子タバコは無害と考えるにはまだ早いです。

電子タバコはまだ解明されていない事が多いのも事実です。ニコチン・タール・一酸化炭素は含まれていませんが、粗悪なリキッドは害の元です。良く分からない低品質な製品を使ったり、何が入っているのかわからないようなリキッドを吸引したりするのはとても危険です。

依存性

体への害・影響で説明したように国内で販売されている電子タバコにはニコチンは含まれていません。ニコチンを摂取しない限り依存性は無いと言えます。ただ依存ではなく電子タバコを使用するクセはつくかもしれませんね。

安全性

電子タバコは火を必要としないので安全とされています。一応、電気を使用する機械なのですが、カスタムを加えるなど、変わった使い方をしなければ発火・火事といった問題もないでしょう。健康面では、電子タバコにはニコチン・タール(ヤニ)などは含まれていないので体への有害性が無く安全です。衛生面を気にされる方は使い捨てタイプの電子タバコがおすすめです。

生産国

電子タバコは中国製の商品が多いです。日本製もあるのですが“部品は中国”で“組み立ては日本”とか曖昧な感じの物もあります。できることなら安全な製品を使うべきなので、よく分からないような製品の使用はやめた方がいいです。当然日本では、日本製の物に人気が集まりネットでの口コミが良く、費用も比較的安く抑えられる製品もあります。国産の製品には大阪生まれの電子タバコもあります。

世界で販売されている大阪生まれの電子タバコTaEco(タエコ)のレビュー

2017.04.30

リキッド

リキッドは様々な国で作られています。中国製の物が多く、安全性を気にかける人も多いです。どこの国のリキッドにも良い製品と粗悪な製品があります。見極めが大事なのですが正直難しいです。日本製のリキッドを使うのが無難でしょう。正規のルートから輸入される海外のリキッドも日本の厳しい規制をくぐってきているのでおそらく安全です。

ただし、ニコチン入りのリキッドなど個人輸入ができるので、コスパが悪くても安全が証明されているリキッドを使用した方がいいです。やはり国産の日本製リキッドを使っている人が多いようです。

愛用者急増中!人気な電子タバコ〝VPone〟のレビュー!口コミからもおすすめです!

2017.04.27

電子タバコのタイプ種類

電子タバコは種類が豊富です。

電子タバコの種類

    • 使い捨てタイプ
    • リキッド補充の充電式タイプ
    • リキッド補充不要のカートリッジ交換タイプ

これが電子タバコを選ぶ基準になります。どういった利用をするのか、どんなタイプの電子タバコが欲しいのか、悩むところですよね。最近のメーカーからは、お洒落で男性ウケするようなカッコイイ製品や女性ウケするようなカワイイ製品が発売されています。ファッションアイテムとして使用している人も多いので小型で持ち歩きしやすいデザインの物も多いです。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプの電子タバコは維持費やランニングコストはかかりません。スティックタイプの物が多く、使い方は吸うだけと簡単です。相場は最新の物でも、

1本1500円~2000円程度なので初心者やお試しにも向いています。フレーバーの種類も豊富なので好きな香りの物が見つかると思います。有名人のSNSで人気が出たビタスティックも使い捨てタイプです。

海外セレブに人気。ファッション性抜群の電子タバコVITACIGビタシグ(VITASTIKビタスティック) の口コミとまとめ

2016.05.29

リキッド補充の充電タイプ

使い捨てとは違い、主にUSBケーブルで充電して繰り返し使用する物です。リキッドを補充して使う物なので、補充したリキッドを使い切ると、その都度、リキッドを補充する必要があります。リキッドは種類が豊富なので好きな香りを楽しむ事が出来ます。初心者向けにスターターセットが用意されている商品が多いので、費用の節約にもなります。

相場はピンキリですが最新の物でもスターターセットは比較的安く、2500円~5000円くらいです。仕組み上、リキッドが無くなると空焚きしてしまうので、使い方にはそれなりの注意が必要です。

カートリッジ交換の充電タイプ

こちらも主にUSBケーブルで充電して繰り返し使用する物です。カートリッジ交換タイプの電子タバコは、使い切るごとにリキッドの入ったカートリッジを交換するだけなのでリキッドを補充する作業はありません。カートリッジは使い捨てです。

カートリッジもリキッドのようにフレーバーの種類が豊富なので好きな香りを楽しめるようになっています。仕組みは、一般的な電子タバコのアトマイザーごと交換する感じです。リキッドを補充するタイプの電子タバコは香りの違うリキッドに変える場合、アトマイザーに残った微量のリキッドが新しく補充するリキッドと混ざってしまいます。

カートリッジ交換タイプの電子タバコは、まるごと交換するのでリキッドが混ざる事がありませんし、空焚きの心配もありません。スターターセットの相場は、最新の物でもリキッド補充タイプと同じくらいの値段で、カートリッジの相場は5個入りで2000円程度です。

手入れメンテナンス

使い捨てタイプは手入れ不要ですが、充電タイプは長く使用する物なので手入れ必要です。メンテナンスとしては、アトマイザーがメインになります。バラしてお湯洗い洗浄やコイルを交換したりもするのでなかなかのめんどくささです。嫌な人はカートリッジ交換タイプの電子タバコがおすすめです。

口コミ☆女性にぴったり!おしゃれな電子タバコのC-tec(シーテック)レビュー

2017.04.28

価格

価格は電子タバコの種類によって違います。店舗購入かネット通販での購入かによっても変わりますが初心者向けのスターターセットの相場は3.000円程度で、最新の物や高額な物になると10.000円近くする物もあります。

リキッドやカートリッジといった消耗品も費用がかかるので、初期費用とランニングコストの維持費も考えて購入して下さい。電子タバコを節約目的で使用するならコスパが重要ですからね。

使い方

使い捨てタイプの電子タバコ

使い捨てタイプは簡単。

シリコンキャップを外して

吸うだけ!吸っている時は先っぽが光ります!

充電タイプの電子タバコ

充電タイプも簡単。これはスターターセットです!

バッテリーを充電して。これはUSB充電器です。

リキッドを補充して。入れ方は細いパイプに入れないように、漏れないように。

吸い方はボタンを押して吸うだけ!ボタンが光る電子タバコが多いですよ!

ねっ♪

当然、初めての人でも誰でも使いやすいように簡単です!電子タバコの種類ごとに、微妙に使い方は変わりますがほとんど一緒です!

注意

電子タバコの使用上の注意は、

  • 空焚きしない事!綿が焦げます。
  • 強い衝撃を与えない事!アトマイザーが割れちゃいます。
  • むやみに子供に渡さない事!若いうちにタバコを覚えちゃいます。
  • 互換性の無いカスタムはしない事!何が起こるかわかりません。
  • 濡らさない!電子タバコは電気製品!

大切な事です。

使用感

使い捨てタイプは吸うだけだし、充電タイプもボタンを押すだけで吸引できるのでとても使いやすいです。喉を電子タバコの水蒸気が通る感じは、普通のたばこと特に違いはなく、似ています。

リキッドのフレーバーによって喉を通る感じは変わります。個人的には肺が痛くなるとかは一切無いですが、初めて使用する人はむせたりする事が多いようです。充電が無くなると、どうしようもないのが切ないです。

マナールール

日本は、路上で使用できるかできないか自治体によって変わります。路上禁煙の対象外にしている市はありますが、多くのエリアで対象内になりつつあります。

基本的に禁煙エリアでの使用を禁止されている場合が多いので、タバコと同じく喫煙エリアでの使用のみにしたほうが良さそうです。

飲食店での利用も法には触れませんが、まだまだ世間での理解は薄いので周囲とトラブルを起こさないようタバコと同じように利用した方が良さそうです。

年齢

未成年者喫煙禁止法が、タバコの喫煙を規制しているため、タバコの葉を使用したiQOS(アイコス)などは未成年者には販売できません。ニコチン入りでは無い電子タバコは『20歳以上の方の使用を想定して開発』などの記載があります。

未成年でもニコチンの無い電子タバコは購入する事ができますし、吸っても法的に問題ありません。が、周りから誤解される可能性が高いので控えるようにした方が無難でしょう。

分煙

喫煙席と禁煙席と分けられていたらルールに従い分煙しましょう。臭いが無い、煙ではなく水蒸気、副流煙は無いとは言えトラブルを引き起こす事になりかねません。また、火災報知機や煙探知機が作動する可能性もあります。

機内持ち込み

電子タバコは機内への持ち込みはできますが、喫煙はできません。もちろんトイレでの喫煙もダメです。火災報知機や煙探知機が設置されているのでダメな事は明白です。

そして、たばこは預けることができますが、電子タバコは預けることが出来ません。誤作動で発熱・発火があってはならないからです。

購入方法

購入方法はネット通販が多いです。専門店などの店舗に行けば実物が見れたりたくさんの種類がありますが、店舗数は多くありません。近くに売り場があれば足を運んでみるといいでしょう。

注意が必要なのは、ネットオークションやフリマサイトでの購入です。中古だと何かしらの手が加えられているかもしれません。体に影響があるかもしれない商品なので新品・正規品の購入をおすすめします。

電子タバコの選び方

電子タバコを選ぶ基準は人それぞれ違います。ただ、煙の多い爆煙タイプがいい人も、味重視の人も、やっぱり人それぞれ好みがあるのでデザイン重視の人も。雑誌やSNSで有名人が使ってるだけでカッコよく見えますからね。

電子タバコの選び方

    • 使い捨てタイプ
    • 充電タイプ
    • デザインがおしゃれ
    • カッコいい
    • カワイイ
    • 日本製
    • 安心安全
    • 使いやすい
    • 吸いごたえがある
    • 小型で持ち歩きしやすい
    • メーカー
    • 値段
    • コスパ
    • 知名度がある有名なアイテム
    • 新発売の最新のアイテム
    • 話題性

気にする部分はこんな感じですかね。全て当てはまる最強の電子タバコがあればいいんですけどね…おそらく無いと思います。譲れないところを抑えていればOKです。

  • めんどくさいメンテナンスはしたくない人は使い捨てタイプ
  • コスパを考えて繰り返し使える方がいい人は充電タイプ
  • 充電タイプがいいけどめんどくさいのが嫌な人はカートリッジ交換タイプ

自分の好みに合った電子タバコがあるといいですね!